メンズ

ベランダや屋上の防水対策は耐久性を高めるために必要

定期的なメンテナンスを

ワーカー

雨漏りの前に点検を

近年は、一般家庭でも屋上のある建物が増えてきています。屋上がある建物の場合、考えておくべきなのが防水工事についてです。防水性能は当然必要な性能ですが、年月とともに劣化してきます。雨漏りや天井のしみなどの被害が起きてからでは遅いので、定期的に点検しておかねばなりません。点検の目安としては、工事をしてから十年ごとというのが一つの目安です。防水工事にも様々なものがあり、特徴はそれそれ異なります。ですが、だいたい十年から十五年ほどで耐久性の限界に達するので、そのタイミングで点検を行い、修繕工事を行うのがおすすめです。被害が生じてからだと、非常に大がかりな工事になり、費用も莫大なものになるので、予防することを意識しなけれはなりません。

建物を守るため

屋上防水の目的は、屋上から建物に水がしみこまないようにして、建物を守ることです。屋上は、一般家庭の三角屋根とは違い、水がたまりやすい構造になっています。多少の傾斜がつけてあるとはいえ、基本的に水の影響が大きい構造です。そのため、しっかりとした防水加工がしてないと、建物内に水がしみこむ可能性が高くなってしまいます。屋上のある建物は鉄骨を利用して建築した建物であることが多いのですが、鉄骨は水に弱く錆が発生しやすいという弱点があります。建物に水が侵入すると、建物を支える柱などが錆び付いてしまい、建物の強度を下げてしまいます。ひどくなると雨漏りが生じ内部のものが水濡れ被害を受けてしまったり、かびが発生して感染症の原因となってしまったりします。そうした被害を防ぐために防水工事が必要となります。