男女

ベランダや屋上の防水対策は耐久性を高めるために必要

定期的なメンテナンスを

ワーカー

屋上は三角屋根と違い水はけが悪いので防水工事が重要です。十年くらいごとに定期的な点検をする必要があります。屋上に防水工事が必要なのは、建物を水から守るためでもあります。鉄骨は錆に弱いため、内部に水が侵入しないようにしなければならない。

詳しく見る

メンテナンスの一環

婦人

大阪で防水工事を行ってくれる会社は多数あり、マンションやビルなどの修繕を行っている会社に頼むことになります。ベランダなどの防水工事は必要とされていることが多く、水漏れなどを防ぐためには必須の工事です。

詳しく見る

ひどくなる前に対処を

作業員

住宅を劣化から守る

屋根や屋上の防水と同様、ベランダの防水も非常に重要です。ベランダは常に雨風にさらされています。そのため、防水性能も劣化しやすく、定期的に点検をして補修、修繕を行わねばなりません。ベランダだけならば家全体の耐久性には関係ないと思うかもしれませんが、ベランダの防水性能が失われていると、徐々に建物に水がしみこんでしまいます。すると、建物全体に水気が回ってしまい、かび、錆、腐敗といった現象が発生しかねません。木造住宅ならば、かびや腐敗により柱や梁が崩れることにもなりかねませんし、鉄骨住宅ならば、錆により強度が低くなってしまいます。しみや雨漏りの原因にもなります。そうした事態を防ぐために、屋上と同様にベランダを防水しておくのが重要なのです。

効率よく排水できる

ベランダにきちんとした防水、排水設備を設けておけば、雨が降ってきても効率よく排水できます。雨がたまりにくくなるため、雨があがった後すぐにベランダにでても快適な状態で過ごせます。また、水に触れている時間が少なくなるため、腐食や錆の危険性も低くなります。快適さと、安全性が保てるため人気があるのです。方法としては、ウレタンを使う方法とFRPという材料を使う方法があります。いずれも一長一短あり、住宅のタイプによっても向き不向きは変わります。どちらかというと、近年はFRPを使った方法に人気が集まっています。耐久性が高めで、しっかりと防水できるためです。しかし、環境や日当たりによってはウレタンの方が優れていることもあるので施行業者とよく相談するとよいでしょう。

雨漏りの場所による

メンズ

雨漏り修理業者を選ぶときは、保証があるか、迅速に対応してくれるか、資格を保持した職人がいるかなどを確認して選ぶとよいでしょう。箇所や被害の度合いに応じて費用は大きく変わってくるため、複数業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

詳しく見る